YAMAYA World Liquuor System

HOME

お問い合わせ

 


■大和蔵へようこそ!

ここでは、大和蔵の酒造りの工程をご紹介いたします。
 近代的な設備を整え、大幅な省力化を図ることにより、大和蔵は従来の半分以下の人数で、酒造りを行うことができるようになりました。 さらに生産量も360Kリットルと、以前を大きく上回っています。 これにより、美味しいお酒をよりお求め安いお値段で、皆様のお手元にお届けすることができるようになったという訳です。
 しかし、工程の大部分が機械化されたとはいえ、酒造りが酒蔵の長である杜氏の長い経験と知識、勘によって支えられているということは、 昔も今も変わりありません。

 それでは「これからの酒造り」をご覧ください。

■工程図


◆180年の伝統と最新の技術で まほろばの里をつなぐ酒造り
大和蔵の前身は、山形県高畠町で、寛政十年創業以来、百八十余年の伝統と歴史を持つ老舗の蔵でした。現在の宮城県大和町に移転したのは平成八年のこと。この移転を機に、醸造所の商号を、地名にちなんで「大和蔵酒造株式会社」と改め、近代的な日本酒醸造プラントを建設しました。
 奇しくも、高畠町、大和町とも「まほろばの里」と呼ばれ、太古の昔より、地域の中心として栄えた土地です。この豊かな土地で、百八十余年の歴史の中で培った経験と、最新の技術で”美味しいものをより安く”をコンセプトに、皆様に喜ばれる日本酒を追い求めていきたいと思います。
■大和蔵酒造株式会社 宮城県黒川郡大和町松坂平8-1